あなたを幸せにする相手

新郎新婦

避けた方がいい相手と理由

恋人としては優秀であるものの結婚相手にはふさわしくない男性がいます。その男性に引っかかると我慢を強いられる結婚生活を送ることになります。そうならないために結婚相手として避けた方が良い男性の特徴を挙げましょう。まず大切なことは、生活費を毎月キチンと家に入れてくれることです。ここで注意しなければならないのは仕事をしていても収入を家に入れない男性がいるということです。独身時代に好き勝手使っていた金銭感覚から抜けられず、ともに生活をしても自分だけ好きなようにお金を使い、妻に我慢をさせていると女性は不満が募るばかりです。結婚前に結婚相手とお金の使い方について真剣に話し合いましょう。ここで茶化す相手は結婚相手としてふさわしくありません。次に女性関係にだらしない人は結婚しても苦労が絶えません。恋人が一度でも浮気をしたことがある場合、結婚は控えた方が身のためでしょう。男性の浮気癖というものは治りません。一度でも許してしまうと調子に乗るため、そのような男性とはお付き合いすることも避けた方が良いです。また、そのような浮気を許してしまう女性は穏やかで優しい人が多いです。男性はそのような女性を敏感に察知するため、ターゲットとして見下す男性もいます。そうなると愛されていることにはならないため、相手が反省しているからと許してしまう女性は情に流されずに自分がイヤだとハッキリ意思表示をしましょう。いずれにしても結婚相手を尊敬できなくなると不満がたまる一方です。結婚相手にはお互いを尊重できる相手を選びましょう。